元カフェ店長が語るコーヒーの基礎知識 8つのポイント

コーヒー

あまの
あまの

こんにちは!元カフェ店長のあまのです。某大手チェーン店で8年店長を勤めていた経験を活かして、皆様にコーヒーの魅力をお伝えしていきたいと思います。(カフェで執筆中(笑))

コーヒーの基礎知識 そもそもコーヒーって何?

普段からコーヒーはよく目にしますし、日常的に飲んでいる方も多いのではないでしょうか?当たり前に飲んでいても実はコーヒーというものがどのような成り立ちをしてきたのかなどご存じない方も多いのではないかと思います。(僕もカフェで働くまではコーヒーすらほとんど飲んだことがありませんでした。)

今回はカフェ店長の経験を活かして皆様にコーヒーとはなんぞや!という基礎的な部分をお伝えしていければと思います。

1. コーヒーの起源と歴史

コーヒーの起源は諸説ありますが、アフリカのエチオピア地方がその起源とされています。

山羊飼いカルディ伝説によれば、9世紀のエチオピアのカファ地方で、ヤギがコーヒーの実を食べて元気を得たことが最初の発見とされています。(もしかしたらカルディコーヒーのネーミングの由来もこの伝説なのかもしれませんね!)

その後、アラビア半島のイエメンでコーヒーが栽培されるようになりました。

イエメンでは、コーヒーは飲料としてだけでなく、宗教的な儀式や社交の一環としても重要な役割を果たしました。イエメンからコーヒーがアラビア半島を経由してイスラム世界に広まり、そこからさらに世界中に広がっていきました。

コーヒーの栽培と飲用は、アラビア半島で急速に広がり、15世紀にはイスラム帝国の中心地であったメッカやイスタンブールでコーヒーハウスが開かれるなど、コーヒー文化が栄えたと言われています。

実はコーヒーの歴史はかなり古く、飲料としてだけではなく儀式などにも使われていました!

現在でもトルコでは「コップの底で未来がわかるコーヒー占い」が行われているようです

2. コーヒーの生産

続いてはコーヒーの栽培とコーヒーベルトについてです。

あまの
あまの

実際コーヒーが何年くらい書けてどのように作られているのかご存じない方も多いのではないでしょうか?

コーヒーの栽培は一般的に熱帯地域で行われます。これは、コーヒーノキが特定の気候条件と標高を必要とするためです。コーヒーの主要な生産地域は、赤道付近の熱帯地域に位置することから、「コーヒーベルト」と呼ばれる地域に集中しています。

コーヒーベルトは、北緯25度から南緯30度の範囲に広がります。主な生産国には、中南米の国々(ブラジル、コロンビア、メキシコ)、アフリカの国々(エチオピア、ケニア、タンザニア)、そしてアジアの国々(インド、インドネシア)が含まれます。

コーヒーの栽培には特定の気候条件が必要で、標高、温度、降水量、日照時間などが重要です。例えば、高地の地域ではより適切な気温と湿度があり、適切な環境で育成することで品質の高いコーヒー豆を生産することができます。

さらに、コーヒーの味や特性は栽培地の土壌や気候条件によって異なります。これらの要素がコーヒーの風味や香りに影響を与え、地域ごとに異なるコーヒーの味わいを生み出します。

コーヒーベルトは、その特定の気候条件と土壌によって、世界中で最高品質のコーヒーを生産するための理想的な地域として知られています。

ちなみにコーヒーベルドでしかコーヒーノキが育たないわけではないので、日本でも沖縄や小笠原諸島、徳之島や沖永良部などで栽培されていますよ!

3. コーヒーの種類

あまの
あまの

実はコーヒーにもワインのように品種があるんです!

コーヒーと一口に言えど、その種類は多岐にわたります。

大きく分けて2つ、「アラビカ種」と「ロブスタ種」があります。それぞれの種類の中にアラビカ種であれば一番メジャーなブルボン種(ボルボン)、ゲイシャ種、ティピカ種などがあります。

アラビカ種とロブスタ種について簡単に説明すると

アラビカ種は風味に優れ、香りが豊か、比較的穏やかなカフェイン量です。高品質な栽培地での栽培が求めらます。ロブスタ種に比べると栽培地の選定をしっかりしなければならなかったり、病気に弱かったり、収穫量が少なかったりしますがコーヒーとしての品質はアラビカ酒のほうが優れています。

一方ロブスタ種はカフェインの含有量がアラビカ種に比べると高く、強い味わいと濃厚なボディを持っています。ボディというのは表現が難しいのですが下に感じる密度感(牛乳と水を飲み比べるイメージ、牛乳のほうが濃厚ですよね)がしっかりしています。そして苦味が強く、耐病性と高収穫量があるので安価で提供されています。

最近では缶コーヒーでもアラビカ種使用と書かれているものが増えていますが一昔前の缶コーヒーなどはほぼ全て安価なロブスタ種で賄われていました。

ロブスタ種は特徴的な苦味を持つのでアラビカ種よりもロブスタ種のほうが好き!というコーヒー通も意外と多くいらっしゃいます。

4. コーヒーの栄養成分

コーヒーにはカフェイン以外にもクロロゲン酸やカフェイン酸、マグネシウム、ポリフェノール、トリガロリンなどが含まれています。

カフェインには覚醒促進作用や注意力や記憶力を改善する効果があります。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で抗酸化作用、炎症の抑制、血糖値の上昇を抑制する効果があります。

トリガロリンは脂肪酸の一種で脂肪の分解や燃焼を助ける作用が有ります。ですので運動の30分前にコーヒーを飲むと脂肪を燃焼しやすくなるという記事はよく目にしますね!

以上のようにコーヒーには様々な成分が含まれています。コーヒー界隈では定期的にコーヒーは体に良い、コーヒーは体に悪いという論文が出てきておりコーヒーが100%体にいい飲み物とは言い切れない部分もあるのでコーヒーの効果については最新の情報を検索することをおすすめします!

実は普段飲んでいるコーヒーの99%は水なんです!

5. コーヒーの淹れ方

コーヒーを淹れる方法には様々な手法があります。フィルター式、エスプレッソマシン、フレンチプレスなど、それぞれの方法で異なる味わいが楽しめます。

ハンドドリップでも髪を使ったものや使わないもの、クレバードリッパーだったり様々な器具と流派があります。

マイナーなものではモカポットを使ったエスプレッソやエアロプレス、ベトナム式のコーヒー器具やトルココーヒーのような特殊な淹れ方が有りますので調べてみると様々な発見があると思います。

諸説ありますが、コーヒーが流行った理由として「水がまずかった」というのが理由にあるというのも聞いたことが有ります。

まずい水をいかに美味しく飲むかという視点でコーヒーが普及したとする記事も目にしたことが有ります。

6. コーヒーの文化

コーヒーは世界中で愛される飲み物であり、様々な文化に根付いています。特にコーヒーは人々が集まり、交流する場として重要な役割を果たしています。

特に先進国ではコーヒーの消費量は年々伸びており世界の輸出入取引量は国際コーヒー機関のデータでは2019年時点でコーヒーの総輸出額は全品目で10位以内に入る取引量となっており世界中で愛されています。

コーヒーの需要が高まるとともに生産者の労働環境であったり、生産するにあたっての環境負荷なども注目を集めています。

7. コーヒーの効能と健康への影響

適量であればコーヒーには多くの健康効果があります。カフェインの摂取は注意が必要ですが、適度な量では集中力や注意力の向上、さらには心臓病や糖尿病のリスクの軽減にもつながるとされています。

コーヒーの健康絵の影響は日々研究されていますので最新の情報をチェックすることがおすすめです!

8. コーヒーの未来

コーヒーの需要は世界中で高まり続けています。そのため、持続可能な生産方法や品質管理が重要となっています。また、最近ではコーヒーの専門店やマイクロロースタリーなど、より高品質なコーヒーを提供する場所が増えています。

日本でもファーストウェーブ、セカンドウェーブ、サードウェーブとコーヒーブームありこれからも消費は増えていくように思います。

このようなコーヒーの基礎知識を少しでも知ることでいつものコーヒーも少し違った感じ方ができるのではないかと思います。

あまの
あまの

これからも元店長経験を活かしてコーヒーについて詳しく語っていきたいと思いますのでよろしくおねがいします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました